塩崎 宏美 Hiromi Shiozaki

Webディレクター

人と人が手掛ける “泥臭さ”から、素晴らしいWebサイトを生み出したい

小学生のとき、将来の夢は「デザイナー」でした。
いつしか大人になり、化粧品メーカーで新製品・ブランドの企画、立ち上げに関わり、初めて本当のデザイナーと仕事をしたときのこと。企画書とざっくりしたラフから、美しい製品やカタログ、そしてWebサイトができ上がる様子を見て、急にデザイナーという夢を思い出したのです。

そこで仕事を辞め、デザインを学び、Web業界に入りました。
Web業界で、デザインだけでなく、ディレクションや簡単なコーディングと3足の草鞋で仕事をしているうちに、いつの間にかWebディレクターに。すると今度は、大きな案件に携わりたくなって大手制作会社へ。そこで積んだ経験を基に、フリーで仕事をするようになりました。
フリー時代は、ディレクターとしてはもちろん、各地を取材して動画と写真を撮ってコラムを書いたり、Webサイト・ポスター・広告をデザインしたり、イラストを描いたりなど、文字通り何でもやっていました。

Web業界でのそうした 幅広い経験から、大切だと感じたのは「人との繋がり」です。
ディレクターだけでは、Webサイトはできません。システムやフロントエンドのエンジニア、デザイナー、コンテンツプランナーをはじめ、さまざまな人の手を経ます。カッコよく見えるWebサイトにも、人に依存する泥臭い世界があるのです。
そのような世界だからこそ、コミュニケーションが不可欠。それは、プロジェクトメンバーに限らず、もっと広く多様な繋がりです。カウンターパートのお客様、お客様の企業で働く方々、そして、Webサイトを実際に見に来るエンドユーザーに至るまで、あらゆる人が含まれます。
プロジェクトメンバーみんなが気持ちよく働ければ、効率もクオリティも上がります。お客様の求めるものを考え尽くして作ったWebサイトは、そのビジネスに貢献するものになるはずです。エンドユーザーの心を考え抜いたWebサイトは、人を感動させることもできるでしょう。

イントリックスの仕事の大きな特徴は、全員が物事を考え抜くこと。
Webサイトをめぐる泥臭い世界で、人との繋がりを大切にしつつ、お客様の事業やユーザーのことをとことん考え抜いて、お客様であるBtoB企業にとって最適な、素晴らしいWebサイトを生み出していきたいと思います。

私について

キャンドルと歴史が好きです。

キャンドルの制作過程は科学と芸術の融合で、Webに通じるものを感じます。最適な調合を考え、造形に凝ったものを作ることに魅了されます。歴史に興味をもったのは小学生のとき。幕末から始まり、戦いの歴史を深掘りしていくうちに鉄器文明の起源、古代ヒッタイト帝国にたどり着きました。日本人が土器を作っていたときに、鉄で武器を作っていたなんて!? いつかヒッタイトの足跡を旅して回るのが夢です。