矢島 宏章 Hiroaki Yajima

アナリスト

ITをツールとして戦略的に企業の事業を支援する

ITに接する機会が増えたのは大学時代で、アルバイト先でプログラミング言語を勉強しながら、簡単なシステムを開発していたときにITの面白さと利便性を初めて実感しました。大学卒業後は商社に入社しましたが、社内業務改善のためにシステム開発をした経験を通して、やはり自分はITの分野に進むべきだと考えました。

特にイントリックスに魅力を感じたのは、自分とイントリックスの方向性が似ていると感じたからです。ITに興味があるといっても、あくまでITはツールとして存在しているのであって、企業の実際の業務や事業に貢献することが最終的なゴールであると私は認識しており、どのようにツールを使うのかという戦略が重要だと思っています。イントリックスについては、ただ単にクライアント企業のサイトを作るのではなく、クライアント企業の目的達成のための戦略としてサイト構築を位置づけており、私はINTRIXのビジョンに共感することがきました。

イントリックスでやりたい事は、Web上でマーケティングやセールスから、最終的な決済、購入後のサポートまでの企業活動をトータルでシステム化することです。Web上で企業活動を展開することには業務の効率化、マーケティングの範囲拡大などのメリットがあります。個人、法人問わず、あらゆる顧客にとって情報の入口がWebになっていること、また、今後のIT技術が進歩に伴って、様々な種類のサービスがWeb上で提供されるようになることを考慮すると、企業活動をWeb上でシステム化する事は十分可能だと考えています。

イントリックスの「戦略」メンバーとして、Webサイトの構築だけでなく、クライアントに対して問題解決や事業支援といったより付加価値の高いサービスを提供したいです。

私について

Bicycle, it's in my blood

4歳の時に補助輪を外して以来、自転車と一緒にいろんな場所を冒険してきました。休日はダイエットも兼ねてサイクリングに出かけます。最終目標は五大陸を自転車で走ることで、中期目標は日本の全県制覇。残っている中国地方、九州地方をそれぞれ、期間を区切って段階的に旅したいと思っています。