グローバルWeb戦略

BtoB企業のグローバルWebと本社の役割

執筆者:代表取締役社長 気賀崇

「GW統括部門の強化」

もし、あなたがグローバルWebを統括する立場にいて、「自社におけるWebの可能性を最も知っているはず」という一文にどきっとしたならば、GW統括部門のWebに関する知見の強化も、GW強化のために必要な施策となる。GW統括はその名の通り、GW全体を引っ張っていく立場。Webを使った海外情報発信のあるべき姿と現状、そして両者の差を埋めるために何をすべきか、ということが念頭になければ、LSをあるべき姿に導くことなど到底できまい。GW統括は、自社のデジタルコミュニケーションのあり方について最も考えている部署でなければならないのだ。

繰り返しになるが、海外情報発信の主役はLSである。つい自分が直接運営するGSでの施策に時間を使ってしまいがちだと思うが、LSの質の強化を図らなければ、会社全体としてのあるべき海外情報発信には程遠いと心得たい。

グローバルWebの整備ステップとポイント

GWの整備は一般的に、GW戦略・長期計画立案→パイロットサイトリニューアルでの統一性・ユーザビリティ向上→各サイトへの展開(ガイドライン適用・CMS導入等)→コンテンツ・機能強化、というステップを踏む。このプロセスを成功させるための3つのポイントを解説したい。(図3)

図3.グローバルWebの整備ステップとポイント

「BtoBコミュニケーション 2016年3月号」に掲載記事より

ページネーション

グローバルWeb戦略