イントリックス株式会社

東京サマーキャリアフォーラムに出展しました!

少々時間が経ってしまいましたが、6月28・29日に東京サマーキャリアフォーラムへ出展しました!この日に向け企画を進めてきた入社3ヶ月目の新入社員が、イベントの様子をレポート!

皆さんはじめまして、ゆるやか広報班(仮)初登場の折笠です。
前回の記事でお伝えしたとおり、6月28・29日に東京サマーキャリアフォーラムという日英バイリンガルの新卒採用向けイベントに出展しました!今回は、当日の会場の様子や、このイベントを通して折笠が個人的に感じたことをお伝えしたいなと思います。

雨の中でも大盛況のキャリアフォーラム!

気合を入れて会場入りした私たちですが、キャリアフォーラム当日は見事に雨…(2日目の午後には、都内ではゲリラ豪雨!)
こんな天気で、学生さんは来てくれるのか?!と心配していたメンバーたちでしたが、そんな心配は無用。開場と同時に、会場である東京ビッグサイトは大勢の学生の方々でいっぱいに!後から聞いた話だと、昨年の入場者数を大幅に上回ったそうです。今年は出展企業も多かったですし、学生のみなさんにとっては大きなチャンスだったようです。みなさん各ブースで真剣に話を聞いたり、熱心に質問をされていましたね。実は私も、昨年キャリアフォーラムに学生として参加していたのですが、学生のみなさんを見て、昨年このイベントでリクルートスーツを着て必死に企業ブースを回っていた自分を思い出して何だか懐かしい気持ちになってしまいました。

海外留学をしていた就活生にとっては定番の東京サマーキャリアフォーラム。

海外留学をしていた就活生にとっては定番の東京サマーキャリアフォーラム。

徐々に広まりつつあるイントリックスの考え方…

今回のキャリアフォーラムで印象的だったのは、イントリックスを決め打ちで訪れてくれる方々がいたこと。みなさん、CFNのサイトで見つけてイントリックスのWebサイトやゆるやか広報班(仮)を事前に見てくれたそう。私たちのビジネスは一言で表現するのが難しく、なかなか学生のみなさんには伝わりにくいことが多いのですが、だからこそイントリックスの「日本のINDUSTRYをINTERNETでINNOVATEする」という考え方に共感し、興味を持っていただけるというのはとても嬉しいことなのです。中には「気になっていたので来ました!」と、会場の入口から一直線に私たちのブースまで来てくれた人もいて、そのときブースにいたメンバーは、嬉しさのあまり思わずニヤニヤしていました。

ブースとセミナーの様子

さて、今回ブースでは会社説明を行い、1・2日目共に社長の気賀さんによるセミナーがありました。ブースでの会社説明は主に関根くんと私の新人コンビが担当し、学生の方々に「そもそもWeb活用って?イントリックスって?」ということをお話ししたわけですが、みなさん真剣に話を聞いてくれたり、「なるほど」と頷いてくれたりと、話しがいのある雰囲気でした。きちんとイントリックスについて理解していただけたようで、嬉しい限りです!また、時間をかけて考えた会社説明でしたので、達成感もひとしおです。

イントリックスが何をしている会社なのかイメージしやすいよう、手がけてきた数々の事例も紹介しました。

イントリックスが何をしている会社なのかイメージしやすいよう、手がけてきた数々の事例も紹介しました。

また、気賀さんのセミナーにも多くの方々に足を運んでいただきました。このセミナーでは気賀さんから「デジタルの可能性」について説明をしたのですが、聞いていただいたみなさんには気賀さんのデジタルに懸ける想いが伝わったのではないでしょうか?実は気賀さんの熱いトークは1時間のセミナーだけでは収まり切らず、キャリアフォーラム後の打ち上げでもみっちり続いたというのはここだけのお話。

お酒が入り、さらにスイッチが入った気賀さん

お酒が入り、さらにスイッチが入った気賀さん。

 

と、当日の様子を書いてきましたが、キャリアフォーラムの雰囲気は伝わったでしょうか?関根くんや私にとって初めて出展側として参加したキャリアフォーラムでしたが、今回の経験を踏まえて次回はもっと良いブース作りや会社説明ができればと思います。ではでは、次回のキャリアフォーラムも乞うご期待!

書いた人

折笠純

“”