イントリックス株式会社

1社で無理なら合同で!「3社合同新入社員研修」という試み

5月もあっという間に終わり。4月入社の方はそろそろ会社に慣れたころでしょうか?今日はイントリックス初の試みとして実施した、他社様との合同新入社員研修についてご紹介します!

先日イントリックスでは「インターネットの歴史」講座が行われていました

先日イントリックスでは「インターネットの歴史」講座が行われていました

風薫る五月、新緑が目にまぶしく、爽やかな風が吹き抜けるとっても良い季節・・のはずが、毎日とっても暑いですね。今年もまた猛暑なのでしょうか?

新入社員、頑張っています!

さて、5月と言えば、4月に入社した初々しい新入社員が少しずつ現場の仕事を覚え始めるころでもありますね。
毎日、色々な電話を受けますが、この時期は「新人さんなんだろうなぁ」と思う電話が増え、心の中で頑張れ!と応援していたりします(あっ、あくまでも心の中だけです。必要ないものはきっちり断ります)
イントリックスにも4月から1名の新入社員が入社し、様々な研修を通じて仕事を覚えている最中です。

ベンチャー企業が研修をやるって難しい

ただ、中小、ベンチャー企業だと「研修」と言っても、ほぼOJTだけという会社も少なくないと思います。実際イントリックスもそうでした。OJTだけじゃ足りないと思いつつ、毎日の業務で手一杯の状況では、なかなか社内だけで研修するのは難しいというジレンマ。
でも、今年は違います!1社でやるのが無理なら、他の会社と合同でやったらいいじゃないと(株)ソフィア様(株)ジーンアンドフレッド様との3社合同研修を企画。私も企画担当者として参加しました。

ご縁は大事。合同研修のお誘いは、まさに「棚からぼたもち」

(株)ソフィア様はインナーブランディングを得意するコンサルティング会社、(株)ジーンアンドフレッド様はエンターテイメントを中心とした編集・デザイン会社です。今回、一緒に研修をした2社はイントリックスとは違う分野の会社であり、だからこそ面白い研修ができたかなと思っています。

元々はソフィアの廣田社長とジーンアンドフレッドの町島取締役がお知り合いで、2社で合同研修をやろうか?というお話をされていたそうですが、たまたま廣田社長が別件でイントリックスにいらっしゃる機会があり、「イントリックスさんも参加されませんか?」とお声掛けいただいたという、「棚からぼたもち」的なお話だったわけです。

合同研修だからできる実践的な研修内容

弊社が担当したドキュメンテーション講座資料をちょっと見せ。

弊社が担当したドキュメンテーション講座資料をちょっと見せ。

 

1月から企画会議開始。最初に大きな方向性を決定しました。

1. 3社に共通し、実務に役立つ内容の研修とする
2. 講師は各社の社員が担当する
3. 研修終了後に課題を設定し、研修の内容を活かす場をつくる

上記の方向に基づいて3社で意見を出し合い、全8回の研修内容が決定。

  • ベンチャー企業で働くということ
  • 仕事の流れ、それぞれの役割
  • 提案に向けて~調査分析編~
  • 提案に向けて~企画編~
  • プロジェクトマネジメントとは
  • ドキュメンテーション講座
  • インターネットの歴史
  • マーケティング講座

なかなか面白そうなラインナップだと思いませんか?本当は私も全部聞いてみたかった。時間が取れなかったのが本当に残念です。
ベンチャー企業1社がこれだけの内容をやろうと思ったらかなり大変ですが、合同でやることで負荷も分散できますし、何より、自社に同期がいなくても、会社を超えた同期が出来るって素敵ですよね。

最後の課題。それは・・・・

研修は一通り終了しましたが、これから最後の課題が待っています。
課題の内容は、現時点ではヒ・ミ・ツ!なぜなら、当の本人たちにもまだ公表していないから(笑)
課題の内容と結果は、別の記事で本人に語ってもらうことにして、ここでは「研修で学んだ内容すべてを活かして取り組む実戦形式の課題。ちょっとハードル高めだけどワクワクすること間違いなし!」とだけ言っておきます。
さて、どんな仕上がりになるか楽しみだな。

 

株式会社ソフィア:http://www.sofia-inc.com/
株式会社ジーンアンドフレッド:http://geneandfred.com/

関連サービス

自社の人材を育成する
イントリックスでは、クライアントの人材育成・社内啓蒙のお手伝いもしております!

書いた人

古賀 千草

経営管理部

メンバーが活き活き働けて、それがお客様へのサービスにつながる職場を作りたい

“”