イントリックス株式会社

中途入社が語る、「知ってるつもり」よりも「実際にちょっと知ってから」 が大切なキャリア選択

「充実した毎日を過ごせるような仕事を選びたい...でもどうやって?」誰しもが抱くそんな疑問。イントリックスに中途入社したアナリストの大西が、自身の体験談を通じ、そんな疑問に答えるヒントをお届けします。カギは、「知ってるつもり」から、一歩踏み出すこと...

「仕事をするなら充実した毎日を過ごせるような仕事を選びたい…でもどうやって?」 

少なからず、こんなことを考えながら仕事を探している、もしくは今の会社で転職先を探している人が多いと思います。
何を隠そう、当時私もその1人でしたが、今ふと考えてみると大事なポイントだったと心から実感していることがあるので、私の実体験を少し紹介させていただきます。
「そんなこと基本だよ!」と思われるかもしれませんが、求職者にとっては忘れがちなことでもあるので、基本的な心がけとして、少しでもお役にたてていただければ嬉しいです。

イントリックスとそもそもの出会い

遅ればせながらですが、私イントリックスでアナリストをしております大西(おおにし)と申します。

先輩方に挟まれているのが私です(合宿の写真より)

先輩方に挟まれているのが私です(合宿の写真より)

イントリックスとの出会いは、メーカーの海外営業を経て、アメリカ系翻訳会社の営業として働いていたときのこと。当時の仕事の中でもトップ3に入る、大規模な翻訳案件の依頼がイントリックスから舞い込んだのです!

「グローバルWebサイトを15言語に展開するにあたり、一部翻訳のお手伝いをお願いしたい」

第一印象は「面白そうなビジネスの方向性」

「15言語に展開!? そんな大規模のWebサイトを手がけている会社ってどんな会社?」と興味が湧いた私は、早速Google検索に「イントリックス」と打ち込みました。

イントリックスのWebサイトで目に飛び込んできたワードが「B to B企業に特化」。面白そうな会社だな、というのが第一印象でした。

ECサイトを含め、一般消費者に商品を売るB to C企業向けのWebサイト制作や、メディア関連のサービスはある程度市場が成熟していると考えていました。一方で、企業間で取引が行われるBtoB市場は、BtoCの20倍の規模があるにも関わらず、Webサイトなどデジタルへの関心が薄いのが現状です。なので「B to B企業に特化」することで、Webサイトなどデジタルを活用したサービスの可能性が無限に広がっている市場に目をつけたな、と思いました。

一緒に仕事をしてみて知れば知るほど発見できた魅力

とはいえ、面白そうな会社だな、とは感じていたものの、あくまでも「そう感じていた」というレベル、そこから行動を起こすきっかけとなったのは、その翻訳プロジェクトを動かしていく中で見えてきたイントリックスの仕事内容からでした。

翻訳において本グローバルWebサイト立ち上げの背景を伺う必要性があったので、本プロジェクトに関わる資料を目にしたのですが、その内容に度肝を抜かれたのを今でも覚えています。

その資料からは、イントリックスのWebサイトでは確認できなかった「Webが活用できる可能性を考え抜いた戦略の緻密さ」がプロジェクトに携わっていない外部の私でも分かるほどの内容でした。

また、戦略の緻密さだけではありませんでした。

翻訳プロジェクト終了後、実際にローンチされたグローバルWebサイトを見せてもらった際、動画を駆使したトップページや、情報をよりインタラクティブに伝えているコンテンツなど、クリエイティブな側面も私の想像の遥か上をいっており、大げさに聞こえるかもしれませんが、仕事の質の高さに圧倒されました。

このような「実際に見た。聞いた。」の経験が「この会社で働けたらやりがいもあり、自身の成長につながるだろうな。」という具体的なイメージにつながり、真剣に転職を考え初めたのです。

さいごに:「知ってるつもり」よりも「実際にちょっと知ってる」

企業のWebサイトだけを見て「こんな会社なんだ。」と「知ってるつもり」になってしまうのは勿体無いです。少しでもいいので、もう一歩踏み込んでその会社の魅力を見つける、それが自分にとって良い職場と出会うカギだと感じています。(私のケースは非常に特殊ですが…)

例えば、興味を持った会社があれば、説明会など、働いている人の顔が見える現場に足を運んでみましょう。

そこで、「ああ、実際にこんな人達が働いていて、こんなことをしているんだな。Webサイトを見た時のイメージとは違っていいかも。もう少し詳しい話聞いてみようかな。」と「実際にちょっと知る」ことができるでしょう。その方が、働く前と後のイメージのギャップが埋められますし、実際に働いている人に聞いた仕事内容に魅力を感じていれば、結果として毎日充実した仕事の実感が得られる職場につけるはずです。

イントリックスは、そのような「実際にちょっと知る」ための機会を設けています。

例えば、今年の12月に開催される「東京ウィンターキャリアフォーラム2016」にも参加予定です。
——————————
TOKYO WINTER CAREER FORUM2016
2016年12月17日(土)・18日(日)
東京ビッグサイト 東展示ホール4
〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
株式会社東京ビッグサイト
TEL. 03-5530-1111(代表)
URL:http://www.careerforum.net/event/tkw/?lang=J
—————————–

また、中途採用向けの自社の会社説明会も開催予定です。(決定次第サイト等で告知します!)

ぜひ、様々な現場に足を運んでみて、それぞれの会社の魅力を発見し、ご自分のキャリアを選択に活かしてみてはいかがでしょうか。

おまけ:実際にCFNからイントリックスに入社した新卒3人の経験とは?

書いた人

大西泰輔

アナリスト
“”