「BtoBコミュニケーションにおけるWeb活用」セミナーレポート

レポート公開日 2015年2月9日 月曜日

1月19日(月)にBtoB企業向けセミナーでモデレーターを務めました

去る2015年1月19日(月)に一般社団法人 日本BtoB広告協会主催のセミナー「BtoBコミュニケーションにおけるWeb活用」が、日刊工業新聞社B1Fセミナー会場(人形町)で開催されました。

本セミナーのパネルディスカッション「BtoBコミュニケーションにおけるWeb活用」では、パネリストに榛沢明浩氏(日本ブランド戦略研究所)・西田健氏(日立製作所)を迎え、弊社代表取締役社長 気賀崇がモデレーターとして参加いたしました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。遅ればせながら簡単なレポートをお届けします。

第1部:セミナー講師:株式会社 日本ブランド戦略研究所 代表 榛沢明浩様

「注目されるBtoB Webサイト」

  • 最新のBtoB Webサイトの特徴
  • ランキング上位社のWebサイトの解説
  • Webサイトの効果

日本ブランド戦略研究所が実施している調査結果を具体的に示しながら、視聴率・ユーザー評価・売上貢献度という3つの観点からBtoB Webサイトの全体的な傾向や製品・サービス分野ごとの特徴を解説頂きました。

テーマはターゲットユーザーが情報収集や購入検討段階でどうWebサイトや他メディアを利用しているのか、ランキング上位のWebサイトはどの点を評価されているのか、といった興味深いものでした。榛沢様が数多く企業様と接してこられたご経験と、調査の具体的な数字や例を交えてお話しいただけた大変貴重な時間となりました。

第2部:セミナー講師:株式会社 日立製作所 ブランド・コミュニケーション本部 宣伝部 部長代理 西田健様

  • 日立グループのWebガバナンスの仕組みと実際
  • 日立グループを束ねるデザインガイドラインの7年ぶりの全面改訂
  • ブランド力、BtoBのWebマーケティング力強化をめざしたトップページデザインの挑戦

グループ企業約1,000社、40万人の社員を抱える日立グループのWebに対する15年にも渡る取り組みを、当事者ならではの実例を含めてお話し頂きました。

Webマネジメント体制の構築プロセスや、Webの重要性への理解をどう浸透させたか、というエピソードは、全ての企業が直面する問題であり、会場の皆さんも一様に頷いていました。また、「Webを総合的にマネジメントする人材には『テクノロジーとクリエイティブ』の視点が必要である」という西田様のお考えは、三位一体を目指す弊社の基本理念と重なる部分が大きく、とても印象的でした。

第3部:パネルディスカッション

「BtoBコミュニケーションにおけるWeb活用」と題したパネルディスカッションでは、BtoB企業全般の動向をご存じの榛沢様と、企業のWeb統括部門の当事者として長くWebに関わる西田様から、幅広いトピックについて議論が交わされました。

自社サイト以外の重要性に関する気賀の問いかけに対して榛沢様は、「日本のBtoBでは、BtoCに比べるとSNSとの親和性は高くはないが、ビジネスでSNSが利用される国・地域もあるため、現地事情に合わせた対応が必要」と、データに基づくご意見をくださいました。また、「ユーザーは自社サイトと同業他社のサイトを行き来する中でWebでの情報収集を普通のことと捉えるようになる。Web活用の更なる進化のためには、同業他社も含めた業界全体のWebサイトやマーケティングの成長が必要」という西田様のお話には、自社に囚われずにデジタルコミュニケーション全体の発展を願う、大きな眼差しを感じました。

セミナー概要

開催日
2015年1月19日(月)
会場
日刊工業新聞社 B1Fセミナー会場
講座名
BtoBコミュニケーションにおけるWeb活用
講師/パネリスト
  • 株式会社日本ブランド戦略研究所 代表取締役 榛沢明浩氏
  • 株式会社日立製作所 ブランド・コミュニケーション本部 宣伝部 部長代理 西田 健 氏
モデレーター
イントリックス株式会社 代表取締役社長 気賀崇

モデレーター 気賀崇からのコメント

日本ブランド戦略研究所の榛沢氏は、BtoB企業のデジタルマーケティング関係者が注目する「BtoBサイトランキング」の主催者で、BtoB主要業種のWeb活用傾向を知り尽くしたプロフェッショナル。日立製作所の西田氏は、日本最大級のサイト群に10年以上関わってこられた実績を持つ究極の大企業Webマスター。これまでに様々な試行錯誤があったはずですが、静かに語るお二人の言葉はデータや経験に裏打ちされた力強いものでした。

おそらく多くのBtoBWebマスターは、お二人が見てきた道をこれから通るはず。いろいろ苦労あれど、BtoBとWebの親和性はいずれ理解される時が来ると勇気づけられるセミナーだったのではないでしょうか。

ページネーション

お問い合わせはこちら

ご質問、ご相談はこちらからお気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5447-5001