「BtoB企業におけるデジタルマーケティング活用」セミナーレポート

レポート公開日 2015年8月14日 金曜日

7月29日(水)にBtoB企業向けセミナーにて講演しました

去る2015年7月29日(水)に日本オラクル株式会社と新日鉄住金ソリューションズ株式会社と共同でセミナー「BtoB企業におけるデジタルマーケティング活用」を開催しました。

本セミナーの第一部において、弊社代表取締役社長 気賀崇が「BtoB企業の強みを伝えるコンテンツのあり方」について、講演しました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

第1部:「BtoB企業の強みを伝えるコンテンツのあり方」 イントリックス株式会社 気賀崇

  • BtoB企業Webサイトに求められるコンテンツの全体像
  • Webサイトコンテンツ活用例
  • コンテンツのアイデア・素材の見つけ方のヒント

BtoB企業におけるデジタルマーケティングの中でも、とくにWebサイトにおけるコンテンツのあり方について講演しました。

Webサイトでは広範囲な情報提供が可能ですが、大きくは自社の正しい姿を伝えるCC(Corporate Communication)コンテンツと製品・サービスの営業を目的としたMC(Marketing Communication)コンテンツに分類できるという考え方を示しました。

その上で、日本だけでなく海外の企業サイトも引合いにだし、Webコンテンツの事例と活用ポイントを解説しました。事例で見ることで、コンテンツのあり方への理解を深めることができたと思います。

また、社内に既にある素材を活用することがコンテンツを作る近道であるというヒントも紹介しました。

第2部:「デジタルマーケティングを成功させるためのアーキテクチャ策定」 日本オラクル株式会社 田澤孝之氏

テレビ等マスメディアでの接点も視野に入れたデジタルマーケティングの全体像とそれを支えるアーキテクチャについてご講演頂きました。

ITだからこそできる個別マーケティング成功の秘訣として、カスタマーエクスペリエンスの向上を指針とした戦略の立て方を、ご説明頂きました。

第3部:「NSSOLにおけるCMSソリューション展開について」 新日鉄住金ソリューションズ株式会社 松永昭彦氏

近年のCMS導入プロジェクトでは、システム面だけでなくマーケティング面の要件が多くなってきているという、引き合い内容の変化についてお話し頂きました。

また、様々なCMS製品の特長をNSSOL独自の視点で解説頂いた上で、CMS導入を成功させるための選定のポイントをご説明頂きました。

まとめ

マーケティング、営業がデジタルへどんどんシフトしていることを背景に、使用するツールや実践に必要な知識が変化してきていることが三社の講演から感じることができました。また、これからのBtoBデジタルマーケティングに取り組む際の幅広い視点を得ることができたセミナーでした。

ページネーション

お問い合わせはこちら

ご質問、ご相談はこちらからお気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5447-5001