HOME > 仲間を知る > Web戦略コンサルタント / 佐賀文昭

「答え」の無い世界で本質を考え続けられる自由、
それがWeb戦略の魅力です。

Web戦略コンサルタント

佐賀 文昭

Web戦略コンサルタント 佐賀 文昭

教科書のない世界で、徹底的な本質を考え抜く姿勢が、
入社のきっかけでした。

アメリカの大学でITとマネジメントの関係を専攻して帰国。就職にあたり、コンサル系・IT系の会社を考え、留学生向けの採用フォーラムなどを調べて回るも、学生向けの通り一遍の説明だけの会社が並び、心から入りたいと思える会社はなかなか見つかりませんでした。そんな中で出会ったのが、日本のBtoB企業がもつWeb活用の可能性を語るユニークな企業、イントリックスでした。日本企業の価値をもっと世界に伝えるため、クライアントのビジネスの本質とWeb活用の可能性を考え抜き、そして描いたあるべき姿を戦略に落とし込み、Web・システム構築で実現する。シンプルで本質的なその話に、いつの間にか入社を決意していました。

教科書のない世界で、徹底的な本質を考え抜く姿勢が、入社のきっかけでした。

複雑怪奇なパズルを、社内のチームと連携して解いていく
戦略の仕事は病み付きになります。

入社後、Web戦略は予想以上に「答え」が無い世界だと感じました。絵に描いた餅ではない、現実的でありつつも限りなく理想に近いあるべき姿を描き、制作・システムチームと連携しながらWebを形にしていくこと。三位一体で取り組むイントリックスならではの価値に非常にやりがいを感じる一方、どこかに答えが転がっているわけでもない解を模索し続ける毎日は、ひたすら考え抜くことの連続です。クライアントが抱える課題はグローバルレベルで複合的に結びつき、複雑怪奇なパズルのよう。解決へのハードルは高いのですが、それを解き明かし、納得を共有できたときの達成感は、もう病み付きです。

複雑怪奇なパズルを、社内のチームと連携して解いていく戦略の仕事は病み付きになります。

「何か面白そう」そう思ったあなた、
短期間で成長できる環境が待っています。

限られた時間でクライアントの状況を理解し、実現可能な戦略を立て、納得いただけるよう伝えるWeb戦略の仕事では、高い「聞く力」「書く力」「話す力」が必要です。仕事をしていく上で当たり前の3要素ですが、その奥深さは底しれません。事業計画にも密に紐づくWebサイト群の再構築プロジェクトの経験は、あらゆる能力を短期間で成長させるのに十分以上の機会を与えてくれます。グローバル案件も多く、語学力はもちろん、海外の生活感覚を持った人も必要です。ここまで読んで、理屈じゃないけど、何か面白そうという直観が働いた方は、きっとイントリックスでの仕事を楽しめるのではないでしょうか。

「何か面白そう」そう思ったあなた、短期間で成長できる環境が待っています。

PAGE TOP