42.WebアプリケーションUI改善

「せっかく提供しているWebアプリケーションが利用されない」、「2つのWebアプリケーションを統合したら使い勝手が悪くなった」。そのような一因はWebアプリケーションのユーザーインターフェイス(UI)にあるかもしれません。そんなWebアプリケーションがあっても機能などを変更しなくてもUIを改善するだけで、劇的に使い勝手がアップする場合も多くあります。

イントリックスでは、WebアプリケーションUIの問題点を調べ、最適なUIへ改善する為のお手伝いをいたします。

弊社のアプローチ/特徴

WebアプリケーションUIのどこに問題があるのかを調査し問題点を抽出した上で、最適なUIへの改善を設計・デザイン・実装までを通して行います。

  • 開発意図やビジネス上の狙いなど把握した上で要件を整理
  • ユーザーの使用状況や使われ方などを調査・把握する事で改善を行うプロセス
  • プログラムやDBとの連携などシステムの専門家との共同作業による現実的な改善提案と実装

WebアプリケーションUI改善フロー例

このサービスに適したお客様

  • Webアプリケーションをリリースしたが、使い勝手に疑問を感じている
  • 2つ以上のWebアプリケーションの統合を行う

サービス内容の具体例

調査フェーズ

  • ヒューリスティック調査
  • ユーザーインタビュー/アンケート(含むオンライン)
  • ユーザビリティテスト

設計フェーズ

  • インターフェース設計
  • ビジュアル・デザイン制作
  • Webアプリケーション設計

構築フェーズ

  • ビジュアルデザイン
  • Webプログラム

ご質問、ご相談はこちらからお気軽にお問い合わせください。

  • グループ全体でWebを活用する
  • グローバルにWebを活用する
  • 自社、競合、トレンドを知る
  • Webサイトをリニューアル・改善する
  • Webシステムの基盤を整備する
  • ユーザビリティを改善する
  • Web運営の質を向上する
  • コストを削減する
  • 自社の人材を育成する
  • Web関連業務をアウトソースする

サービス一覧