柴田 かおり Kaori Shibata

テクニカルディレクター

デジタルの力を存分に発揮させて、価値ある出会いを生み出したい

外国語学部を卒業後、航空系のIT中核会社でシステムエンジニアとしてキャリアをスタートしました。主に業務系システムの開発に携わっていましたが、あるとき、とある基礎研究所にお邪魔することがあり、アクセシビリティやユニバーサルデザインについて学ぶ機会に恵まれました。あらゆる人に、システムやWebを便利に使ってもらうために何をすべきかを考えるきっかけとなり、誰もが気軽にアクセスできるWebの世界についてもっと深く学んでみたい、そう考えたことが、私の転換点でした。Web制作会社へCMSのカスタマイズエンジニアとして転職したのち、さまざまな組織や立場でWebサイトにかかわる仕事をしてきました。

前職では日本の文化、政治、経済、テクノロジーなどあらゆる情報を多言語で海外へ発信するメディアサイトの運用を担っていましたが、「小型ビジネスジェット機」や「絶対に緩まないナット」など日本企業の高い技術力に関する記事に対して、ロシア語圏やアラビア語圏のユーザーが関心を寄せていたことがとても印象的でした。世界のあらゆる場所に日本の高い技術力を求めている人たちがいるにもかかわらず、まだ情報が十分に行きわたっていないのではないかと感じることもありました。

BtoB企業のグローバルサイトを多く手掛けるイントリックスに初めて出会ったとき、メディアとは別のアプローチで、日本の魅力を世界の人々へ届けることができる仕事なのではないか、と感じてワクワクしました。

Webやデジタルには未だに無限の可能性があり、イントリックスの仕事はこれまで繋がりそうで繋がらなかったサービスと人、もしくは人と人との出会いを生み出す仕事だと思います。これまでシステム開発やWebサイト運用などさまざまな業務を通して培ってきた「俯瞰視点」や、「複雑な事柄を徹底的にわかりやすく伝える」というモットーを大切にしながら、デジタルの力を存分に発揮させて、新たなご縁を生み出すことができるよう努力してまいります。

私について

夏が好き

四季の中でダントツに夏が好きです。
青い空と白い雲のコントラストや、強い日差しが生み出す光と影に強く心惹かれるようです。
雑草の生い茂る原っぱ、さるすべりの花、蝉の鳴き声、かき氷、プールに花火、そして冷房のきいた部屋・・・。
子どもの頃の記憶とリンクする情景の多い季節でもあり、夏が来ると少しノスタルジックな気持ちにもなります。
気づけばいつも夏を心待ちにしています。