寺内 克幸 Katsuyuki Terauchi

プロジェクトマネージャー

デジタルの可能性はまだ発展途上、綿密な戦略から成功シナリオを導いていきます

2000年頃にWeb業界に身を投じ、企業Webサイトのほか、プロモーションサイトやWebアプリケーション、EC、システムのスクラッチ開発など、さまざまな経験を積んできました。イントリックスではプロジェクトマネージャーとして企業のデジタル活用におけるご提案からプロジェクトマネジメントまでを行っております。

これまでもB2C・B2Bとさまざまなお客さまへのご支援をしてきましたが、国内の多くの企業のデジタル活用は時代に後れをとっていると感じており、同時に多くの可能性も持っていると考えています。企業活動において、足で稼ぐ営業と同様、デジタルでの営業活動は非常に有効な手段であるということが「分かっていてもどこから始めればいいか分からない」「やっているが成果が出ない」というご相談をいただくケースが増えています。

対面のセールスであれば、アポイントの獲得~商談~提案と段階を経て現状を把握することが出来ているのに、デジタルに変わると潜在的な顧客に対して何をどうアピールするべきか、というところでつまずいてしまっているのです。

実はアナログもデジタルもセールスにおける段取りに変わりはありません。むしろデジタルを活用すれば、アナログにおいてもさまざまなデータをもとに、多角的な切り口で戦略を練ることが出来ると考えています。しかし、デジタル活用においても闇雲な戦略では当然成果を上げることはできません。

私はイントリックスにおいて、この戦略を重要視して活動しています。プロジェクトの成否の80%は戦略や要件定義フェーズで決まるといっても過言ではありません。もちろん、クリエイティブや機能といった部分も重要ですが、それらはしっかりとした根拠に基づいて設計されるべきものであり、成果の出るデジタル活用のほとんどは、その見た目にも「筋」が通っています。

お客さまが抱える課題に対して、お客さまのビジネス/ミッション/ビジョン/強みに加え、商流やユーザー層と行動などを深く読み込み理解したうえで、効果のある戦略をご提案させていただきます。

私について

仕事のあとの筋トレが日課になりました

趣味は音楽と筋肉です。20年ほど都内を中心にDJ活動をしていました。洋楽中心のメインストリーム系ですが、幼少期にベストヒットUSAを聞いて育ったので未だに邦楽よりも耳に馴染みます。筋トレは、これまで自分自身には無頓着でしたが、正しいフォームとやり方で筋トレを始めたところ効果が出て嬉しくなり、シックスパックも仕上がりました。筋肉は嘘をつかない、これは本当でした。