セミナーは終了しました
次回開催予定はメールマガジンにてご案内しています。ぜひご購読ください
メールマガジン登録→

【ウェビナー】営業ツールとしてのWebサイトを実現するコンテンツ設計

セミナー概要

Webサイトを運営していると、SEOやレスポンシブ対応、CMS、MAツールなど日進月歩で変化する専門トピックをキャッチアップすることで精一杯になるかもしれません。

もしくは、リニューアルを繰り返してWebサイトの器は綺麗にしたものの「コンテンツはこのままで良いのか?」と疑問に思っているWeb担当者の方も多いのではないでしょうか?

BtoBビジネスではターゲットとなる顧客像が特殊なため、求められるコンテンツをイメージするのが簡単ではないと思います。さらに競合他社のWebサイトを見ても、進んだ取り組みが見当たらないなど、参考になる情報自体が少ないのもBtoBの難しさです。

とはいえ、Webサイトの役割は情報(コンテンツ)を届けること。そこを避けては真に効果を生むWebサイトの運営はできません。

本セミナーは、Webサイトのコンテンツにお悩みを持つ方を対象として、コンテンツ設計の基本的な考えについて解説するとともに、BtoB企業サイトの実際のコンテンツを引合いに出して、具体的なコンテンツ例もご紹介します。

Webサイトに必要なコンテンツが拡充されると、その先ではユーザーの行動データや属性データを解析した高度なWebサイト運営を行うことができます。本セミナーでは、そこに向けた第一歩としての土台となるWebサイト作りの考え方をお伝えいたします。

こんな方におすすめ

  • Webマーケティングにどのようなコンテンツが必要か分からない
  • CMSやMAを導入したが、配信するコンテンツが足りない
  • BtoB企業のWebコンテンツ活用例を知りたい

アジェンダ

  • INTRIXの紹介
  • BtoBビジネスにおける営業ツールとしてのWebサイトとは?
  • Webサイトのターゲットユーザーの考え方
  • 集客につながるコンテンツ例
  • 高見込み客を見つけるためのコンテンツ例
  • ブランディングにつながるコンテンツ例
  • 質疑応答、簡易お悩み相談

スピーカー

足立 健誌

Creative2部門 部門長/プロジェクトマネージャー

同志社大学大学商学部を卒業後、米国に留学しグラフィックデザインを専攻。
2003年に帰国後は受注/発注の両面からB2B企業のWeb活用、グローバルでのWebマネジメント支援に携わる。2010年より日立グループでのグローバルWebガバナンスに従事し、本社Web統轄チームの一員として海外法人との連携や、活動方針の策定、グローバルサイトの運営、リニューアルに携わる。
2013年4月、イントリックス入社。精密機器、電機、部品メーカーなどで、調査・戦略策定、RFP作成などリニューアルプロジェクトの立ち上げからローンチまで数多くの案件に従事。

参画プロジェクト
浜松ホトニクス:Global Webリニューアル
大手精密機器メーカー:日本サイトリニューアル、およびGlobalサイト群ガバナンス方針検討
大手精密機器メーカー:グローバルマーケティング基盤の戦略・RFP策定
大手什器メーカー:日本サイトリニュ―アル、および代理店向けサイト構築・運営
大手システムインテグレーター:Webサイト調査・活用方針検討
大手精密機器メーカー:Globalサイト群戦略策定、Web担当者教育コンテンツ企画・作成
など

開催概要

開催日

2020年4月2日(木)13:00~14:30

定員

15名
※セミナー後の無料個別相談は 先着1名 とさせていただきます。
※コンサルティング会社、制作会社などの同業者様のご参加はご遠慮いただいております。

参加費

無料

参加者の声

昨日のセミナーは、私にとっては期待どおりというよりも、期待以上のものでした。

Web関係のセミナーを色々受講してはいるものの、BtoCの事例が多かったりしてなかなか自分ごとに落とし込めない気持ちでいたのですが、BtoBに特化したビジネスを展開されている御社によるBtoBに特化した内容ということで、本当に参加できてよかったと思っています。

また、セミナーというと受身的なものが多く、個別の悩みごとの解消は自分の中でという感じが多いのですが、今回のセミナーに参加して、教えて頂くだけでなく、悩み事を吐露しながら、様々なアドバイスを頂くことができ、また、参加されている他社のWeb担当の方のお話も聞くことができ、自分の中で日々抱えていたモヤモヤが晴れる思いでした。

電子機器メーカー 広報部