イントリックス株式会社

イントリックス、冬の恒例行事

冬の厳しい寒さも緩んできた今日このごろ。春の暖かさが待ち遠しいところです。そんな中、わがイントリックスの社内には『また今期も冬が終わってしまうぅー!』と本気で嘆いているひとの姿が見受けられます。それも一人や二人ではなく。ヒラ社員ばかりでもなく……

チラホラ記事に登場したりもしていたのですが、ゆる広執筆は初な佐賀です。
以後、お見知りおきください!

わたしがイントリックスの佐賀です。

わたしがイントリックスの佐賀です。

イントリックス、冬の恒例行事

イントリックス社長、気賀は根っからのアウトドア好き、そして長年のスキーヤー。
アートディレクターである山崎は、年間40日以上は滑りにいくほどのスノーボーダー。
そこに加わるプチアウトドア志向の数名。
このメンバーで、例年、冬に1度は雪山へと繰り出します。
暖冬が叫ばれる15-16シーズンですが、今年も気賀、山崎、松井、矢島、佐賀の5名で雪山へのツアーが開催されました。

今年の舞台は野沢温泉

湯沢→白馬→白馬と過去3回開催された当ツアーですが、今年の舞台は野沢温泉。北陸新幹線が開通しましたが、運転好きな気賀の車で夜中の2時に東京を出発です。
せっかくのスタッドレス仕様がムダに思えるほどゲレンデの目の前まで雪がない状態ですが、ゲレンデにはしっかり雪はあります!
過去3年はパウダー大雪を引き当てたのですが、今年は雲1つない晴天。もはや春か!という暑さでしたが、2日間、17:00の最後のリフトが止まるまでしっかり滑り倒してきました。

ピーカンの野沢温泉。山は心を浄化してくれます。

ピーカンの野沢温泉。山は心を浄化してくれます。

せっかくなので少し観光もしました

がっつり滑り倒して、がっつり食べて、そしてINTRIX社員のメタボ化は進みます。

がっつり滑り倒して、がっつり食べて、そしてイントリックス社員のメタボ化は進みます。

野沢温泉といえば、その名の通り温泉!ということで、滑り終わった後は外湯めぐりをしたりと、プチ観光も。
夕飯は宿近くにあったステーキ屋さん「The Corner」でステーキを頂いてきました。
昨今、外国人スキーヤー/スノーボーダーの数が増えるにあたり、海外志向のお店が増えつつあります。入店時~退店時まで、ここはカナダか、オーストラリアか!と錯覚するほどに他のお客さんは外国の方だけでした。

ちなみに、気賀がこんなコラムを執筆しているので、良ければご一読ください。

スキー場の外国人誘客成功に学ぶ

三位一体って、こういうところから出来上がると思うんです

松井はゲストハウスで休養中。全員ゴーグルの下は汗だくです。

松井はゲストハウスで休養中。全員ゴーグルの下は汗だくです。

当社は、「Strategy(戦略)」「Web Integration(制作)」「Technology(システム)」の3部門から成っており、本当の意味で使えるWebサイト構築にはこの3視点全てが必須だと考えています。つまり、日々の仕事では各職種の議論が必須。遠慮しあっていると、本質的な議論が出来なかったり、相手の真意を汲み取るのに時間がかかってしまったりします。しかし、このツアーなどを通じて深まる交流がいい意味でノーガードの議論を活発化させていると考えています。この記事の執筆日の今日も女子会ランチなるものが開催され、ざっくばらんにいろんな話をしてきたらしいです。内容は誰も教えてくれませんでしたが!

来年はどこにいこう

ゲレンデでは脚がつり、布団が畳に接地する瞬間に布団に潜り込むほど滑り込んだ気賀に、トライアスロンの大会に向けて滑り終わった後にまさかのランニングに繰り出した矢島。身体の悲鳴を訴えつつもなんだかんだ色々なところを滑る松井。お互いの滑りの動画を撮りあってフォームの確認をするJR SKI SKI的な旅行に憧れる独身男子山崎に佐賀。今年もとても楽しい会となった野沢温泉スキー/スノーボードツアーでした。来年は北海道か?いや、カナダのウィスラーなんかもいいな・・・なんて話も出ています。とりあえず、まだ春にならないでください!

気賀さんは西に沈む太陽を見て何を思うのでしょう。

気賀さんは西に沈む太陽を見て何を思うのでしょう。

 

書いた人

佐賀 文昭

アナリスト

日本の素晴らしさをWebを使って世界に発信したい。
その橋渡し役になれたらと思っています。

“”