別所 想実 Aimi Bessho

アナリスト

その企業にとっての「デジタルマーケティングの最適解」を探し、実行するサポートをしていきたい

高校生の時に同級生とWebサイト制作コンテストに参加したことでインターネット上の情報発信に関心を持ちました。また大学で「デジタル化と民主主義」について学んだり、インターン先でオンラインの広報活動に関わり、Webサイト制作の経験が間接的に生かせる機会に恵まれたりもしました。こうした経験からインターネット上で専門的な情報を簡潔に発信することに興味を持ち、入社のきっかけとなりました。

イントリックスで働き始めて気づいたことが二つあります。まず、BtoB企業のデジタル活用の理想形は一つではないということ。企業により抱えている課題や長期的に目指す方向性は様々であり、BtoBマーケティングで先行している欧米企業などの取り組みをなぞることが必ずしも成功に結びつくとは限りません。
次に、デジタル化を円滑に行うには企業内の多くの部門や組織間での調整が不可欠であるということ。Webサイトを管理しマーケティング施策を実行するIT部門や広報部門、営業部門だけでなく、製品情報に詳しい技術部門、世界各地に広がる海外支部・工場などとの連携が欠かせません。各組織の事情や制限を調査、分析し、現実的な計画を立てて着実に実行していく必要があります。

イントリックスではこれまでもこうした「教科書のないBtoB企業のデジタル活用」の課題を俯瞰的に捉え、戦略立案からコンテンツ作成、システム導入、運用とワンストップで取り組んでまいりました。私もマーケティングストラテジー部門の一員として、ユーザーのニーズを調査・分析し、各企業にとって最適なデジタルマーケティングのあり方を考え、実現可能な方針をご提案することでお客様のお役に立てればと思います。

私について

趣味は(室内)旅行

読書と一人旅が好きなので、旅先では必ず本屋さんに立ち寄ります。書店内で宝探しのように本を選んでいるとついあれもこれもと手が伸びて、帰り道はいつも鞄が本でずっしりと重くなっています。
読み手を別世界に連れていくので読書は「室内旅行」だとある作家さんが言っていましたが、私は旅先でも次の室内旅行の準備をしてしまいます。
いつかお気に入りの本屋さんを一晩借り切り、皆が寝静まっている間にじっくり本棚を眺め、存分に読書してみたいです!