石田 剛章 Takeaki Ishida

フロントエンドエンジニア

WEBサイトのコーディングで、BtoB企業の成長の一助となれるように

大学卒業後は、新卒で入社した生命保険のシステム子会社でシステムエンジニアを経験しました。
大学で情報工学を専攻していたので元々プログラミングの経験はありましたが、授業と実務のプログラミングを比べると、全く異なる部分がありました。実務の方が製造物を世に送り出すため、ものづくりをしている感覚が強く、より充実感を感じていたのです。

しかしながら、業務形態として外部のシステムに携わる機会は無く、常に親会社である生命保険会社のためにシステム開発をしていたので、自分が開発に携わった案件が世に出ている実感は残念ながら多くありませんでした。
言語はJAVAを主に用いており、どちらかというとバックエンド側の開発を担うことが多かったのも、そのように感じていた一つの要因だったのかもしれません。
働きやすさと安定はありましたが、「もっと目に見えるものづくりがしたい」「もっと自分が開発したものが世に出ている場面を見てみたい」、そういった思いのもと、退職後から本格的にWEBを学び始めました。
勉強して最初から自作したWEBサイトをサーバー上にアップロードし、それがブラウザで表示されるのを確認した時の感動は忘れられません。もっともっとフロントエンドの技術を突き詰めていきたいと感じたのをよく覚えています。

そういった経緯から入社したイントリックスでは、主にBtoB企業のWEBサイトを制作しています。入社してから改めて感じましたが、どのサイトも規模が大きく、そしてクライアントの知名度も高いところばかりです。もちろん、それに伴って担う責任も大きくなりますが、これから一つ一つの案件に真摯に向き合い、BtoB企業の成長の一助となれるよう精進して参ります。

私について

趣味は、サッカー観戦と旅行

サッカー観戦と旅行をセットで楽しむのが大好きです。
見ず知らずの場所に行き、初めて見る景色には心躍ります。ご当地グルメを楽しむことも大好きです。
コロナ禍がまだまだ続きそうですが、死ぬまでにもっと沢山の国や地域を探ってみたいと思っています。