石森 久美子 Kumiko Ishimori

Webディレクター

ITだからこそ、「ヒト」を中心に考えることを大切にしたい

元々はサービス業で、イベント会場のフロアマネージャーをしていました。そこで尊敬する先輩に出会いましたが、残念ながらその方は退職されることに。しばらくして、転職先より「会員制サイトを運営している会社にいるから、手伝ってほしい!」とお誘いを受けたのがきっかけで、Webの世界に飛び込みました。

最初は会員獲得のプロモーション、次にマーケティング、さらにはマーケティングの内容(主に調査結果)をコンテンツ化する制作の部署へ……と実務を経験し、気が付いたらWebディレクターになっていました。そのため、美大やデジタルの専門学校に通ってITの専門知識を修得したことはありません。すべてはこれまでの上司や先輩・同僚をはじめ、仕事仲間たちから学びました。また、お客様からのご指摘やご意見も、自分自身の成長の貴重な糧となりました。どの仕事をしていても扱うのは「モノ」「コト」。実は、それらの根幹には、「ヒト」が存在しています。

特に私たちのいるIT業界では、AI、IoTと技術が著しく進歩しています。そして、その背景にはなおさら「ヒト」が重要な位置を占めていると、私は思わずにいられません。イントリックスで働きたいと希望した理由も、まさに「ヒト」なのです。面接で出会ったメンバーが皆、生き生きと楽しく仕事をしていることが一目瞭然でした。私もその一員となり、プロジェクトチームと一緒に、お客様に素晴らしい「モノ」や「コト」を提供していきたいと強く感じました。

イントリックスの得意とするBtoB企業サイトに、これまでの経験を生かして貢献し、「ヒト」がいることで生まれた“何か”について、本質に触れるWebサイトを提供し続けるディレクターでいたいと考えています。企業の技術や製品・サービスなどの表層部分だけでなく、隠れた「ヒト」の細やかな努力、「ヒト」が介在することでいかに素晴らしい事業が生まれたかを伝えていきたいです。

私について

メリハリをつけて「ON」と「OFF」を楽しむことが好きです

物心が付いたときから、誰かしらの芸能人ファンです。いまだに某アイドルのイベントに行くために働いているといっても過言ではないかも!そこで、予定通りに仕事をきっちり終わらせることが、自然と身に着きました。メリハリをつけて「ON」と「OFF」を楽しむことを大事にしています。