ジオマテック株式会社:日英Webサイトリニューアル 日英Webサイトのリニューアルで薄膜の技術力の高さを余すことなく訴求、ターゲット層の拡大によりPV・問い合わせの大幅増を実現

  • デジタルマーケティング戦略立案・推進
  • Webサイト制作・運用支援
  • クリエティブデザイン制作
  • BtoBコンテンツ制作
ジオマテック株式会社

業界と製品・技術への深い理解をもとに、世界中の人々が製品やソリューションを通じてジオマテックの技術力とその魅力を知るきっかけとなり、新たな技術活用への発想をインスパイアできるようなグローバルサイトおよび日本サイトを制作し、新規リード獲得を支援しました。

課題

自社の技術力の高さを伝え、リード獲得につなげるデジタル活用ができていない

ジオマテックは、1953年に創業して以来、ナノレベルの精密かつ高精度な薄膜コーティングが可能な「真空成膜技術」を磨き続けてきた、薄膜技術専門メーカーです。食品用ラップフィルムの1/1000にあたる薄さの多機能な薄膜を扱う技術・ノウハウをもち、薄膜形成の受託、薄膜製品や材料の販売、薄膜技術ライセンシング、薄膜技術コンサルティングといった事業を展開しています。

事業の柱のひとつとなっていたのが液晶ディスプレイ向け製品です。しかし、国内ディスプレイメーカーの内製化や有機ELディスプレイへの置き換えにより、海外を含め、新たなビジネスチャンスを模索しなくてはならなくなりました。

当時のジオマテックの新規顧客開拓は、既存顧客からの紹介が主体となっており、Webサイトなどによって自らリード(見込み顧客)との接点を作り、自社の製品・サービスを魅力的に感じてもらうデジタルコミュニケーションに課題を抱えていました。ビジネスチャンスを拡大するためには、国内外を問わず、ジオマテックがどのような企業なのか、どのような製品・技術をもっているのかひと目で分かるようなコーポレートサイトを必要としていました。

イントリックスの解決策

さまざまなコンテンツを通じて薄膜技術の価値がより理解しやすいWebサイトを制作

イントリックスが設定したゴールは「新たな技術活用がインスパイアされるWebサイト」です。ジオマテックの技術はフラットパネルディスプレイだけではなくさまざまな業界で活用の可能性があると感じてもらえるコミュニケーションを、Webサイト上で起こすことを目的としました。

1カ月の調査で製品・ソリューション・技術の棚卸しを実施。お客さまのアピールするべき点を洗い出したのち、ターゲットをメーカーの商品企画者や技術者に設定。薄膜技術のことを詳しく知らない人も技術の価値を理解しやすく、新たな活用方法を見出だせるコンテンツとして、目的・機能を切り口とした検索「目的・機能から探す」や、業種別に分類した「活用事例」、ひと目で伝わる各種ムービーコンテンツを制作、展開していきました。

情報の棚卸しを行うための、製品の特徴や強みに関するヒアリング内容(一部)。
情報の棚卸しを行うための、製品の特徴や強みに関するヒアリング内容(一部)。

さまざまな業界での薄膜の使用例を紹介した「活用事例」ページでは、目的・機能別に薄膜技術の活用事例を探すことができ、顧客の課題、薄膜の効果と機能、社会的ベネフィットを網羅。薄膜の可能性を感じていただくとともに、見込み顧客が検索するであろうキーワードも盛り込み、検索からの流入が期待できるページにリニューアルしました。

ムービーを始めとするビジュアルコンテンツは、そもそも薄膜を知らないユーザー、技術に詳しくないユーザーにもその価値を理解していただく上で効果的です。薄膜が機能している瞬間を動画で表現するために、薄膜にスポイトで水を垂らし、撥水しているシーンを繰り返し撮影。ジオマテックのもつ技術とベネフィットを伝えることのできる、訴求力の高いムービーを作り上げました。

成果

デジタル活用によりPVと新規リード獲得の大幅増を達成

Webサイトのリニューアル、コンテンツの拡充により、多くの検索ワードで検索順位1位を達成し、WebサイトのPV数、Webからの問い合わせはリニューアル前と比較して大幅に改善され、マーケティング機能が大幅に強化されたと考えられます。また、複数のWebデザインギャラリーサイトにも掲載され、デザイン面でも高い評価を受けました。

このような成果には、ブランド面での取り組みのひとつとして行った、ビジュアルガイドラインの制作も大きく寄与していると考えられます。ジオマテックの社長や社員の方々の性格や抱いている思いを、インタビューとワークショップを通じて言語化することで、統一されたビジュアルを定義。それをWebサイト全体に行き渡らせ、ジオマテックの技術力をビジュアルからもイメージできるようにしました。さまざまなコンテンツを通して、世界中の人々が「この技術力で何か新しいことができそう」と、新たな技術活用への発想をインスパイアできる、ブランディングとしても機能するWebサイトに生まれ変わりました。

徹底的な業界への理解が、質の高い課題解決の原動力に

ジオマテック株式会社

マーケティング部マーケティング課
エキスパート
菅原 康太

市場の変化に対応するためにもWebサイトのリニューアルは必須だと考えていましたが、マーケティングプラットフォームとしてふさわしい機能をもたせるサイトにするためには、多くの課題が立ちふさがっていました。しかし、それらの課題をイントリックス様は高いレベルで解決してくれました。

その原動力となったのは、薄膜業界に対する徹底的な理解だったと思います。薄膜の歴史から始まり、国内外におけるビジネスの現状、今後の業界動向、現在注目されていること、薄膜の仕組みなどを、あたかもジオマテックの一社員かのごとく勉強されており、それがリニューアルプロジェクトの円滑な進行につながりました。

BtoB企業のデジタルコミュニケーションを総合的に支援しています

BtoB企業に特化したサービスを提供してきたイントリックスには多くの実績とノウハウがございます。現状のデジタル活用の課題に対し、俯瞰した視点でのご提案が可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

OTHER CASE STUDIES

実績