BtoBデジタルマーケティングやWeb制作の情報と、イントリックスの日常風景をお伝えします。

年間120軒以上の宿を巡ってきたアナリストが選ぶ、心揺さぶる宿3選

ゆるふわ
田川絵理子

こんにちは。2020年6月に中途入社し、ストラテジー部門に所属している田川です。前職では旅行会社の営業として年間120軒以上の全国の宿泊施設を渡り歩きながら、宿の魅力を発掘し、WEBで発信するお手伝いをしていました。

今回は、そんな私が心揺さぶられた宿をご紹介したいと思います。コロナ禍で旅行が難しい時期ではありますが、ぜひ、いつか行きたい旅行の計画にお役立ていただければと思います。

宿を選ぶ上で重要なポイントは「朝食」!

皆さんは宿に泊まるときに何を重視しますか? アクセスや価格、口コミや雰囲気、誰と旅行に行くかなど、宿の選定基準はさまざまですよね。

今回ご紹介する宿は、私の「ここだけは譲れない」という選定ポイントに沿ってピックアップさせていただきました。それはずばり「朝食」です。

朝食は旅館にとって、宿泊したお客様をおもてなしする最後のサービスです。そのため、地産の料理や演出された見た目など、宿泊施設とその土地の魅力をぎゅっと凝縮して提供してくれることが多いのです。

おいしさはもちろん、視覚や触覚など五感をフル活用して楽しむことができる朝食をいただくことができれば、旅がより思い出深いものになると考えています。

旅を思い出深いものにする朝食の条件

  • 内容の充実感(味覚・視覚・嗅覚)
    └地産の食べ物が食べられるか/種類が豊富か
  • 演出(視覚・触覚)
    └朝食を食べる演出が工夫されているかどうか
  • 空間(視覚・聴覚・触覚)
    └食べる空間が心地よいものか

これらの条件を満たす、「五感をフル活用して朝食を楽しめる宿」をご紹介させていただきます。

第1選:長野県/ホテル ハウスサンアントン

長野県の外湯めぐりが有名な野沢温泉の街中にあるホテル・ハウスサンアントン。「食」を最も大切にしており、奥信濃の豊かな土壌で育った食材を、温かみのある空間で存分に味わうことができるホテルです。

ここは何といってもおいしいジャムディップ! 自社のジャム工房で職人がひとつひとつ手作りで作られた15種類の自家製ジャムを提供しており、朝食ではその中から季節に合わせた3種類のジャムディップが焼き立てパンと一緒に楽しめます。

私のおすすめは白桃。信州産の幻の品種・山根白桃を使用しており、桃特有の甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。実もゴロゴロ入っていて、桃特有の食感も楽しめます。ほかにもブルーベリー&ワインのオリジナルミックスジャムなど、旬な果物を季節によって楽しめるのも一興です。

併設されているカフェでおいしいコーヒーをいただくこともでき、にぎやかな野沢温泉の街並みとはまた趣の違う、落ち着いた雰囲気のおしゃれな空間が楽しめます。

ホテル公式サイト
https://www.st-anton.jp/

第2選:長崎県/セトレ グラバーズハウス長崎(※2021年夏にリニューアル工事予定)

大浦天主堂のすぐ近くに佇むセトレ グラバーズハウス長崎。長崎の海と山の幸と、諸外国から伝えられた食文化が融合した、歴史ある食文化が楽しめるホテルです。

こちらの朝食では、長崎の特徴でもある和・洋・中のイイとこどりをした珍しい組み合わせの料理をいただくことができます。卓袱風の丸盆にのった彩鮮やかな小鉢で見た目も楽しめるのが特長です。

演出も独特で、お好みの波佐見焼き茶碗を自分で選んで、炊き立てのご飯をいただくことができます。自分で器を選んでご飯をよそうだけで特別感がありますし、長崎の種類豊富な波佐見焼きを目で楽しむことができます。

また、ラウンジではソフトドリンクやアルコール類のドリンクがオールインクルーシブ(滞在中ドリンクがすべて無料で提供されるサービス)となっています。食後にコーヒーを楽しみながら、スタッフさん手作りの長崎の街観光マップを眺め、旅行の計画を立てることができます。長崎の街中にありながら、ゆったりとした時間を楽しめる空間が最高です。

ホテル公式サイト
https://www.hotelsetre.com/nagasaki/

第3選:岐阜県/高山桜庵

高山は食べ歩きがおすすめですが、有名な飛騨牛は少し高い……そんな時に、飛騨牛も心ゆくまで楽しめる朝食を提供されているのが高山桜庵。高山市内で最高層に位置する展望露天や飛騨の郷土料理が魅力の、和のシティホテルです。

高山桜庵の朝食では、カレー、すき焼き、ひつまぶしといった飛騨牛料理が並ぶほか、高山の代表的な郷土料理である「漬け物ステーキ」や「朴葉味噌」などもまんべんなく楽しむことができます。オープンキッチンから出来立てを提供してくださるので、温かい料理を堪能できますよ。

また、ここは館内すべてに畳が敷き詰められており、裸足で歩き回ることができます。セパレートの動きやすい館内着で、何も気構えることなく朝食にたどり着けるくつろぎ空間が広がっています。

ホテル公式サイト
https://www.hotespa.net/hotels/takayama/

今回ご紹介した宿の他にも、いくら食べ放題やマグロ解体ショーを行っている宿など、個性が光る朝食が楽しめる宿はたくさんあります。内容はもちろん、朝食を味わう空間や演出などもチェックし、ぜひ次回の旅の計画に取り入れてみてください。