日東電工株式会社:グローバルWebサイト群リニューアル ブランド強化と600を超える製品情報の検索性向上を軸とするWebサイト群リニューアルプロジェクトを遂行

  • グローバルWebサイト群再構築
  • プロジェクト全体推進支援
  • クリエイティブデザイン制作
  • Webサイト制作・運用支援
  • BtoBコンテンツ制作
日東電工株式会社

100周年にあたり次の100年を見据えたさらなるブランド強化。そして、600を超える製品情報の検索性改善をはじめとするマーケティングコミュニケーション基盤の再構築。これらの実現のために、既存のCMSを活用しつつ、世界に12言語で展開するWebサイト群のデザイン刷新、コンテンツ増強、導線再設計、製品検索機能の開発を実施しました。

  • クリエイティブコンセプトの策定とデザイン刷新
  • Nitto事業の理解度向上を図ったコンテンツ企画・制作
  • 製品情報への到達率を高める導線再設計と検索機能の開発
  • 効果検証結果を踏まえたユーザビリティ改善

課題

ブランド強化のためのコンテンツ拡充とユーザビリティを高めるWebサイト設計に向けて

両面テープやマスキングテープなどの各種テープをはじめ、電子デバイスの画面表示に欠かせない光をコントロールするフィルムや医療用関連製品を手がけるNitto。海外売上比率は70%を超え、多様な製品群を活かしてグローバル市場でニッチトップ戦略を掲げる業界リーディング企業である同社は、2018年の創立100周年を機にWebサイトのフルリニューアルを検討していました。

各種認知施策を展開していたNittoでしたが、Webサイトを訪れたユーザーに対して同社の事業をわかりやすく伝えるためのコンテンツが不足していました。せっかくWebサイトに訪問してもらっても、その真価を伝えきれなければ集客施策の効果を最大化できません。グローバル市場の潜在顧客に対して、Nittoの事業規模や技術力、ビジョンを伝えるコンテンツの増強が必要でした。

また、製品を検索してもらうための「種類から探す」「仕様から探す」「業界から探す」「機能から探す」という4つの大きな切り口についても、ユーザーインタビュー、アクセス・ヒートマップ解析の結果、よりスムーズな製品検索のためには改善が必要なことも明らかとなりました。

この主だった課題のほかにも改善すべきテーマは多岐にわたっていたため、緊急度と重要度の観点からプロジェクトを大きく3つのフェーズに分解しました。第1フェーズではクリエイティブコンセプトを策定し、グローバル全体のデザイン刷新(トップページ/カテゴリートップページ)と企業紹介コンテンツの作成を。第2フェーズでは製品検索機能を中心としたマーケティングコミュニケーションの強化を行い、第3フェーズでは下層ページのテンプレートの刷新と第1・2フェーズの効果測定を踏まえた改善を実施しました。

イントリックスの解決策

BtoBビジネスの商材・商流を深いレベルで理解しているからこそのコンテンツ・機能開発

このWebサイトリニューアルの核となったのが、第2フェーズで実施した製品情報への到達率の向上を目的とした検索機能の改修。当初の検索機能は、近年のWebサイト設計の観点から見ると決して的外れなものではありませんが、Nittoが扱う商材とユーザーの検索意図に対応しきれていませんでした。

訪問したユーザーがどのようにWebサイト内を回遊しているのかを解析し、さらに裏付けとして実際にNittoのWebサイトを利用しているユーザーへのインタビューを実施しました。また、グローバルで共通プラットフォームを構築しているNitto Webサイト群では、各国・地域でのWebサイトの使われ方も併せて調査する必要があったため、欧米を中心とした各国担当者にもヒアリングを実施。これらの調査を通じて、「製品」「仕様」「業界」「機能」という4つの検索切り口の序列・使われ方に変化が出てきていたことが判明しました。実際の利用者にとってもっとも利便性の高いWebサイト設計とはどのようなものか、仮説検証を重ね、「製品」と「仕様」を複合的に検索できる製品検索の機能を新たに設計・開発しました。

万人が利用するWebサイトと異なり、BtoB企業のWebサイトは、業界・商材・商流によって最適な設計が異なります。製造業のクライアントへの提案を重ねてきたイントリックスならではの知見と経験を活かし、ユーザーが真に探しやすい設計を実現しました。

ユーザーインタビューを経て「製品」と「仕様」を複合的に検索可能とした製品検索機能

成果

リニューアル後のデータ解析、ユーザーインタビューでも確実に効果が

改修後のアクセス解析から、製品コンテンツへの遷移率はPC / SPともに数値が上昇。ユーザーインタビューでも好意的な評価を頂きました。また、強化した企業理解のコンテンツへの流入も増え、ユーザーの事業理解度の向上にも大きく貢献しています。

本プロジェクト開始時に策定したクリエイティブコンセプトは他媒体においても指針となり、会社紹介冊子のリニューアルなど、各コミュニケーションにNittoの統一した世界観が展開されるようになりました。

本プロジェクトを通じて、「Webサイトをどのようにビジネスに活かしていくか」、という社内全体の気運もより高まり、ここからさらに活用の幅が広がっていくことが期待されています。

Nittoを分かりやすく伝える会社・事業紹介コンテンツ

高い連携力が確かな結果を生み出した心強いパートナー企業

日東電工株式会社

ブランドコミュニケーション部 広報グループ 課長
小野 孝博様

前回のサイトリニューアルから年数が経つにつれて、ユーザビリティとブランディングという点でいくつもの課題が積み上がってきました。そこで改めて「BtoBビジネスに精通した企業にリニューアルを任せたい」という想いから、イントリックス様にプロジェクトの伴走をお願いしたのです。

種類も緊急度も異なるさまざまな課題があるなか、まず何から手を付けるべきか悩ましく思っていたところ、一つひとつの課題を丁寧に紐解いて分解・整理していただけたおかげで、計画的にプロジェクトを推進することができました。またプロジェクトが進行していくうえで逐次発生する想定外のテーマについても都度最適な解決策をご提言いただき、全体のスケジュールを大きく崩すことなく対応するマネジメント能力にも感心しました。

業界特有のニュアンスにも柔軟に対応してくださったほか、Nittoの海外スタッフとも円滑にコミュニケーションを図っていただけるなど、BtoB領域の知見やグローバル対応能力など高い経験値を感じました。

BtoB企業のデジタルコミュニケーションを総合的に支援しています

BtoB企業に特化したサービスを提供してきたイントリックスには多くの実績とノウハウがございます。現状のデジタル活用の課題に対し、俯瞰した視点でのご提案が可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

OTHER CASE STUDIES

事例