千代 康彦 Yasuhiko Chiyo

プロジェクトマネージャー/ITコンサルタント

「伝える」ことにこだわり、顧客ビジネスに寄り添えるIT活用を提案/推進したい

SIerでシステム構築のエンジニアとして歩んできたキャリア。手掛けた案件は、多種多様な業態のクライアントの業務系基幹システム、ビッグデータ解析用システム、仮想通貨決済サービス構築など、多岐にわたります。
経験を重ね、さまざまな顧客のビジネスに接していくうちに、このままエンジニアのキャリアをのばすことが、果たしてよいのだろうかと、少しずつ違和感が生まれてきました。

顧客の課題を解決し、価値を感じていただけるシステムを構築していくためには、先進的な技術の導入や論理的な整合性の実現にとどまらず、ビジネス視点と業務視点、そして顧客の運用体制などをトータルに勘案する必要があります。その答えは一様ではなく、顧客の数だけ存在します。
システムの構築・利用といった一手段による解決策を導き出すよりも、ITを戦略的に捉えて活用することで、顧客のビジネスにいっそう貢献したいと考えるようになりました。

ビジネス要件定義から関わるSIerもあるものの、システム構築を主体とした携わり方では、限界を否めません。例えば、顧客の課題解決に繋がるツール・サービスの導入提案が最善だと考えた場合でも、サービス導入ではビジネスモデルとして収益が上がらない事情から、スクラッチ開発を推進せざるを得なかったり、特定のサービスやベンダーにひも付く提案を要したりと、一部制約も生じます。

「顧客にとって、真に意味のある提案を行いたい」そう考えていたとき、イントリックスのITコンサルタントという仕事に出会いました。
イントリックスでは、ビジネス戦略・Webサイト制作・テクノロジーの専門家が、それぞれ異なる視点から顧客のビジネスを俯瞰し、三位一体となってプロジェクトを進めます。力を合わせ、顧客にとって本当に意味のあるシステム・IT活用を提案する――それは、私の思いとまさに一致するものです。

イントリックスのプロジェクトマネージャー/ITコンサルタントとして、顧客ビジネスに最適なIT活用を提案し、円滑にプロジェクトを推進するうえで、強く意識しているのは、“伝える”ことへのこだわり。支援させていただく企業およびビジネスを深く理解しつつ、IT活用の意義や効果をわかりやすく伝え、顧客の本当の思いを汲み取るコミュニケーションを続けることが、何よりも大切だと日々感じています。

私について

写真とエイサーと。

大学時代からカメラにハマり、春は京都で桜を撮り、夏は屋久島で木々や苔などマクロレンズで接写するなど撮影を楽しんでいました。社会人から始めたエイサーは、もう10年以上のキャリア。エイサーを通して知り合った仲間たちと過ごす時間は何にも変え難いものとなっています。